Word

知覚フィルター | Perceptual Filters

知覚フィルターとは、五感のこと。体験を、情報としてインプットする際のフィルター機能を果たしています。

  • 感覚チャネル
  • 五感
  • インプットチャネル

などとも呼ばれます。

名称知覚フィルター
意味外界からの刺激を感覚としてキャッチして、脳内で処理できる情報量に制限するためのフィルター
英語Perceptual Filters
Perceptual=知覚的な
Filters=フィルター、特定の情報を通し他をブロックすること

〈知覚フィルター〉とは?

〈知覚フィルター〉の概要

コミュニケーションモデルとは

コミュニケーションモデル〉という「私たちが世界をどう認識しているのか?」を表したモデルがあります。私たちが外部からインプットした情報を、内的に処理するプロセスがどのようになっているか、その仕組みをモデル化したものです。

その仕組みとして、私たちは外部の情報を内部に取り込んだ後、情報がすべてそのまま使われるのではなく必要に応じてフィルターにかけられています。

〈知覚フィルター〉とは

私たちは五感を通して世界を認識しています。この五感を通して外部からの情報を内部にインプットします。この五感こそが、最初のフィルター〈知覚フィルター〉と呼ばれるものです。(感覚チャネルとも言います)

知覚フィルター
  1. 視覚(フィルター)
  2. 聴覚(フィルター)
  3. 身体感覚(フィルター)
  4. 味覚(フィルター)
  5. 嗅覚(フィルター)

〈知覚フィルター〉の役割

情報の収集と制限

フィルターは、一般的に特定の情報を通し他をブロックする役割があります。知覚フィルターは五感で感知できる情報だけを通しそれ以外をブロックすることによって、私たちが体験を脳内で処理できるようにしています。

〈知覚フィルター〉と情報処理

外界には膨大な情報があります。私たちはすべてを知覚してインプットしたり理解することはできません。もしもそんなことが起こったら、カオスすぎてしまいます。そのため知覚フィルターを通して、情報量を制限しています。

例えば超音波・電磁波・放射線。私たちは直接知覚することができません。リアルな現実のうち私たちが知覚できるのは、五感を通してインプットできるほんの一部の情報だけです。

人間にとって、知覚できないものは「存在しない」と同じことになります。しかし知覚できない、もしくはしていないだけで「存在している」ものはたくさんあります。これが「現実」と「現実と思っているもの/個々人の世界地図」に齟齬が生まれる理由の1つでもあります。

〈知覚フィルター〉と感覚の地図

リアルな世界にある膨大な情報は、知覚フィルターを通すことによってそのうちのほんの一部が内部に入ってきます。その情報をもとに、私たちは感覚的な世界(地図)をつくります。

この感覚の世界は、私たちが体験について知っているすべてのことであり、無意識です。言葉で説明できないもの、もしくは説明する言葉や概念がないと思われるものも含まれています。

関連

関連ワーク

関連キーワード

  • コミュニケーションモデル
  • 内部処理フィルター
  • 言語フィルター
  • 五感
  • 表象システム