脳のトリセツ

変化を起こすための〈五感〉の秘密

私たちはふだん外の環境からの情報、刺激を五感を通して受け取ります。それが視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5つですね。情報を取り込むために五感を使っているのはイメージしやすいかと思いますが、実は五感の働きはそれだけではありません。

インプットした情報は、内側で、処理され行動や表現というアウトプットに至るまでの調整を行う、という一連のシステムがあり、それぞれの五感は3ステップ(インプット、内面での処理、アウトプット)において、相互に影響しあっていると考えられています。

外側で使う五感だけでなく、内側で働いている五感+αの感覚を「どのように使うか?」は、才能を発揮させるためにも、そして人生をより豊かに体験するためにも、要となる部分です。この記事では、人生の豊かさを左右する〈感覚〉の秘密をご紹介します。気になるものは、より詳しい記事へ飛んでみてください。

五感の大前提

ひとことで〈五感〉とか〈感覚〉といいますが実はその働きは多様です。また、人によってその五感の使い方まったく異なるのです。感覚とはどういうものなのか、まずは誰にでも当てはまる「感覚の大前提」について詳しくはこちら。

あなたの五感の使い方を知ろう!

一言に五感と言っても、実はさまざまな場面で「その人特有の使い方」をしています。特に変化を起こし、自身の能力を伸び伸びと広げていくために大切なの4つについては押さえておきましょう!

⑴〈インプット〉するのにも得意な五感がある!

私たちは外から五感を通してたくさんの情報をインプットしていますが、実は人により「インプットするときによく使う五感」があることを知っていますか?

インプットする時の得意な五感を知ると、勉強する時、仕事をする時、何か新しいことを始めようとするときなど、学習・成長の場面でとても役立ちます。

⑵〈考える〉時に使っている五感

考える時にも「どの五感を使って考えているか?」って人によって違うんです!

考えるときに優先的に使っている五感が何かがわかると仕事選び、勉強の仕方、思考の整理など、情報処理において、得意な方法で対処することできるようになります。つまりは自分の既に持っている能力を、発揮しやすくしてくれます。

⑶〈記憶を呼び起こす〉のも五感なの!

次は〈記憶〉を呼び起こす時に使う五感です。五感は記憶を呼び起こす役割も担ってくれています。「あ〜昨日何食べたかな?」と思い出そうとした時にその場面(視覚)から思い出す人もいれば、その時に聞こえていた会話や音(聴覚)から思い出す人もいるでしょう。

記憶を呼び起こすときによく使う五感」が何かを理解すると、学んだことを活かすことに役立ちます。「思い出す」必要がある、あらゆる場面で活かすことができます。

⑷ 五感ってシームレス!共感覚

私たちの五感は、2つ以上の感覚が同時に働くことがあります。「好きだった人の香水の匂い」「お袋の味」など思い出そうと思って…ではなく、その香りを感じた(嗅覚)と同時に人の顔(視覚)を思い出していたり、味わった(味覚)瞬間に実家のあたたかさを感じる(身体感覚)というように。この仕組みを理解することは、あなたの創造性を広げることに役立ちます。

五感を成り立たせる要素

五感には、それを成り立たせる要素があります。視覚であれば、明度・彩度・遠近の距離といった細かい情報です。聴覚であれば、音の高低やリズム、身体感覚であれば温度や肌触りの感じなど。これらの五感の構成要素は、あなたが外側から情報をインプットする時にも、体験した後に内側でそれを処理&調整する時にも重要な役割を果たしています。

五感って鍛えられるの知ってた?

五感の構成要素を外からのインプットに上手に活用すると、あなたにとってより重要で、より質の高い情報を効果的に集めることを可能にしてくれます。

記憶の質を変える五感

体験は、「いい出来事」もあれば、「最悪!」と思うような出来事も起こりますよね。五感の構成要素を、内側での情報処理において上手に活用すると、目的に合わせてそれらの〈体験の質〉を変えることを可能にしてくれます。

他人が使っている五感もわかっちゃう!?

人間関係をスムーズに、そしてシンプルにしてくれるエッセンスの1つに「人の観察方法を知る」ことがあります。身体と心は一体です。そのためどのように考えているか?どのように感じているか?は必ず身体のどこかに「サイン」として現れます。

〈非言語〉から読み解く五感

相手がどのような心理状態にあるかを言葉以外のサインで見分けるのに、振る舞い、身体の状態は大きな手がかりです。またこの身体のサインを理解することは、自身の状態にも気づくやすくなることに繋がります。

〈目の動き〉から読み解く五感

「目は口ほどにものを言う」と言うことわざがあるように、目の動きから、どの五感を使っているかを読み解く方法があります。目の動きも大切なサインとしてその傾向と特徴を理解しておくこと、おすすめです。

〈言葉〉から読み解く五感

身体から発せられるサインの1つとして挙げられるのが「言葉」です。自分が、相手が使う言葉から、どの五感を使っているかを読み解く方法があります。どのように考える特徴があるのか?を理解するとコミュニケーションがスムーズになるだけでなく、うまくいかない時にどうしたらいいか?も見つけやすくなりますね。

まとめ:五感の使い方を知ると、そこには可能性がたくさん!

私自身、五感の仕組みやその特徴を知った時には、驚きと「もっと早く知りたかった…」と思うことがたくさんありました。五感についての理解を深めていくと「だからか!」と過去についての原因が明らかになったり、「だったらこうしてみようかな?」とこれからの新しい選択肢が見つかるかもしれません。

まずは自分の五感の使い方について理解を深め、使いこなせるようになることから始めるのがおすすめです!