脳のトリセツ

〈情報インプット〉に使う五感 | インプットチャンネル

情報をインプットする方法って、人によって違うって知っていましたか?

私たちは五感を通して世界を認識しています。この五感はとてもユニークで、みんな同じように五感を使っていますが実はその「使い方」は人それぞれ違います。

情報をインプットする仕組み

例えば、お笑い番組を一度見ただけで、次の日にはそのセリフを完コピできる人がいます。パッと映像を見ただけで、どこに何があったか?を思い出せる人もいます。複雑な動きでも、一度やるとすぐにそれが難なくできる人もいます。

私は一度聞いただけのことをリピートすることができません。なので耳コピしてその通りに言える友達には驚きました。このように他人の「すごい!」と思うパフォーマンスの裏側には、実はインプットする時の五感の使い方が関係しています。

これは誰がすごい、すごくないということではなく、あなたはあなただけの方法で五感をフル活用しています。ポイントは自分の五感の使い方に気づき、それをうまく活用すると望む結果が出しやすくなったり、自分を表現しやすくしてくれます。

あなたは外からの情報をどのようにインプットしているでしょうか?それを知ることはあなた自身の能力開発にとても役立ちます。この記事では、私たちが情報をインプットする仕組みとその特徴について紹介します。

感覚を使う

私たちは五感を通して自分がいる周りの情報を受け取り、世界を認識しています。視覚・聴覚・身体感覚・嗅覚・味覚の五感の中でもメインとなっている3つの感覚は

  • 視覚(Vision)
  • 聴覚(Auditory)
  • 身体感覚(Kinesthetics)

です。ここでは主要なこの3つの感覚を取り上げます。

インプットする時にメインとなる3つの感覚は

  • 視覚(V)
  • 聴覚(A)
  • 身体感覚(K)

これらをインプットチャンネル(インプットするための通信経路)と言います。

実例

人により得意なインプット五感は異なる

状況によりどの感覚をどのように使っているかは違います。それはあなたの中での違いです。面白いことに、これを他人との違いに目を向けてみると…同じ状況でも、人によってどの感覚をインプット五感として優先的に使っているかは異なります。

例えば会議をしている時を想像してみてください。みんな同じ状況にいますが、Aさんは話している人の表情やプレゼンデザイン(視覚)に意識が向き、Bさんは話されている内容や資料の文字(聴覚)に、Cさんはその会議の雰囲気(身体感覚)により意識が向いているかもしれません。人は無意識に、得意な五感の扉を優先的に使って外からの情報をインプットしているのです。

Aさん

Aさんは、視覚の扉がフルオープン、聴覚の扉も半分ほど開いています。人の様子、資料の図などをメインに、話の内容や文字にも意識が向いているようです。

ただこの時は身体感覚の扉は閉じているので部屋の暑さ/寒さなどその場で感じることには意識が向いていないようです。

Bさん

Bさんは、3つの感覚の扉をすべて開けていますが順番があります。

話や資料の内容によく意識が向き(聴覚)、人の様子や図なども目に入れつつ(視覚)、部屋の暑さ/寒さもわずかにキャッチしている(身体感覚)ようです。

Cさん

Cさんは、身体感覚の扉がフルオープン。視覚の扉も開いていますが、聴覚の扉は閉じています。

その場の雰囲気を感じ取る(身体感覚)ことに主に意識が向き、話をしている人の様子や資料も目に入ります(視覚)が、話の内容や文字(聴覚)には意識が向いていないようです。

このように人によってどの五感を、どのように使っているかはひとりひとりまったく異なるのです!「同じ体験をした」と言っても、実際に「どのように感じたか?」が同じということはあり得ないんですね。

インプットチャンネルの特徴

インプットチャンネルには6つの特徴があります。

  1. 人により、好みの感覚がある
  2. 人は状況によりインプットする時の五感を切り替えている
  3. 使っている感覚は1つだけじゃない
  4. どの五感をメインに使うか?は無意識
  5. 正しい感覚の使い方は、ない
  6. 変えられること&変えられないこと

人により、好みの感覚がある

私たちはそれぞれある感覚を特に好む傾向があります。その感覚はこれまでの経験から好ましい感覚か、他よりも敏感な感覚です。

インプット五感が視覚の場合は、絵画、映画、インテリアデザイン、ファッション、ビジュアルアート、視覚的デザインへの興味が強いかもしれません。

聴覚の場合は、聞くことや言葉に意識が向きやすく、音楽、音、言葉(言語)、小説、本に興味があり、そういったものから情報をインプットしていることが多いかもしれません。

身体感覚の場合は、運動、スポーツへの興味があり身体を動かすことで学びや気づきを得ることが多いでしょう。

あなたの普段の行動を思い起こしてみると、外からのインプットに最も使っている感覚はどれでしょうか?

人は状況によりインプットする感覚を切り替えている

人は、状況によっていつどの感覚を、どのように使っているかを柔軟に切り替えもしています。

映画を見る時には主に目を使い、同時にセリフや音楽を聞きます。スポーツをする時には身体を動かし、同時に相手の様子、周りを観察するために目を使い、さらに音、声を聞きながらプレイします。

このように私たちは視覚・聴覚・身体感覚のどのインプット五感も機能として持っていて使っていますがその状況によっていつ、どの感覚を、どのように使っているかは異なりますね。

使っている感覚は1つだけじゃない

インプットする時、私たちは優先的に使っている五感はありますが、1つの感覚だけでなく2つ、もしくは3つの感覚を同時に使っています。

どの感覚をメインに使うか?は無意識

インプットする時に優先的に使っている五感は、これまでの経験と習慣からほとんど無意識に選択しています。

正しい感覚の使い方は、ない

どのインプット五感をメインで使っているか?もしくは1つなのか、2つなのか…にいい・悪いはありません。また正しい感覚の使い方、つまりは思考の仕方もありません。

大切なのはあなた自身が「何をしたいか?」「どんな体験をしたいか?」によって使い方を変えることができるということを「理解する」ことです。人が創造力に溢れるとき、五感をより柔軟に使う傾向にあります。

変えられないこと/変えられること

「インプット時に得意な五感を使っている!」という私たちの五感の特性において、〈変えられないこと〉と〈変えられること〉があります。

変えられないこと

今、インプットするのに得意な五感は、これまでの経験の賜物です。逆に言えば、これまであまり使ってこなかった五感は、得意な五感ほどに敏感ではないでしょう。これまでの経験と、五感の鋭敏性の違いは変えることができません。

変えられること

これからのことは、いかようにでも変えていくことができますね。

  • 得意としている五感をより伸ばしていく
  • あまり使ってこなかった五感を意識的に使って鍛えていく

これからどの五感(インプットチャンネル)を、どのように使っていくか?は変えることができますね。何を意識するか/しないかで感覚の鋭敏性は、いつからでも高めていくことができます。

自分が外側からの情報をインプットするときに、どの感覚をよく使っているか?を理解しておくことは、楽に、効率よく、短時間で学び、理解することを可能にしてくれます。

インプット五感の活用方法

ではこのインプットの仕組みをどのように活用していったらいいでしょうか。いくつかの具体例を紹介しながら、今必要な形に応用してもらえたらと思います。

得意なインプット五感を活かして学ぶ

  • 視覚優位:図解や絵、写真、映像で学ぶ
  • 聴覚優位:本、オーディオブック、ラジオなど耳から入るもので学ぶ
  • 身体優位:実際に経験しながら学ぶ、もしくは散歩しながら勉強する

得意なインプット五感を活かして買い物をする

  • 視覚優位:全体を見渡して、目に入る、気になったものからチェックする
  • 聴覚優位:口コミや店員さんの話、利用者の声、レポートなどをチェックする
  • 身体優位:試着をしたり、お試しができるものからチェックする

得意なインプット五感を活かして興味・趣味を探す

  • 視覚優位:雑誌やSNS、YouTubeやTVなど視覚的に気になるものからチャレンジしてみる
  • 聴覚優位:体験談、紹介文など言葉での説明や、ラジオ、YouTubeなど音声配信などで耳に残ったものから取り組んでみる
  • 身体優位:体験ができるもの、もしくは知人がやるときにまず一緒にやってみる

得意なインプット五感を活かせるツール

  • 視覚優位:Instagram、YouTube、TikTok、写真、映像、アート
  • 聴覚優位:Twitter、ブログ、HP、ラジオ、Spotify、音楽、声、音
  • 身体優位:香り、味、肌触り

得意なインプット五感からの情報収集は、他の五感よりも、簡単に、スムーズに、そして早く行うことができるでしょう。新しいことを始めるときや、勉強、情報収集には得意なインプット五感を活用すると判断も早くなります。

五感をトレーニングする

五感は、いつからでもその鋭敏性を高めていくことができます。それぞれの五感のトレーニングについてはまた追ってご紹介していきます。

まとめ

私たちが外側にある情報をインプットするとき、主要となる3つの感覚は

  • 視覚(V)
  • 聴覚(A)
  • 身体感覚(K)

でした。そして主にこのうちの1〜2つの扉を優先的に使って情報をインプットしています。特にメインチャンネルは他の五感と比べてより繊細に、敏感に情報をキャッチすることができます。自分のインプット五感を知り、活かしていきましょう

またこのインプットの仕組みと、各感覚の要素が多種多様にあることを理解すると、五感をより鋭敏にしていくこともできます。五感の鋭敏性と柔軟性は、あなたの内的な世界にさらに彩りを与えてくれます。新しい感覚の扉を開き、より豊かな世界観を築くヒントとして〈Let’s Try!〉のワークもぜひお試しください!