Word

神経言語プログラミング | Neuro Linguistic Programming

NLP(神経言語プログラミング)とは、卓越した結果を残した人たちが「どのようにしてうまくやっているか?」を研究し、それを誰でも使えるようにモデル化したもの。学習や成長を促す知識&手法集です。

名称神経言語プログラミング
意味卓越した結果を残した人たちをモデル化してまとめた実践心理学
英語Neuro Linguistic Programming
Neuro=神経/精神
Linguistic=言語
Programming=プログラミング

〈NLP〉の概要

NLPは、時代、分野、背景や状況に関係なく「優れた結果を残した偉人たちには“どのように”それらを成し遂げたのか」その方法論を抽象度高くモデル化した実践心理学です。

NLPとは?

NLPとは

  • 主観的な体験
  • 言葉の使い方
  • 思考的な戦略

についての知識と、実践的な方法をまとめたものです。

NLPの意味

NLPは、Neuro Linguistic Programingの3つの単語の頭文字をとってNLPと呼ばれています。日本語に直訳すると神経・言語・プログラミングとなり、これは私たちの情報処理プロセスを表しています。(それをそのまま名称にしたようです。)

頭文字英語意味概要
NNeurology神経/精神どのように〈五感/神経〉を使うか
LLinguistic言語どのように〈言葉〉を使うか
PProgramingプログラミングどのように〈プログラム〉を使うか

NLPの歴史

NLPとは1970年代に創られたコミュニケーションモデル。卓越性について研究され、非凡で達成不可能と思われていた偉業が「どのように」行われたか、誰にでもわかるように解明したことから始まりました。その後も研究&開発は続き、現在は自己開発や変容・目標実現をもたらすためにさまざまな場面で活用されています。

元々は卓越したコミュニケーターたちを研究し、その方法論をモデル化、他人でも同じレベルの結果が出せるようにされたものです。アカデミックな心理学とは区別され、体系的な理論というよりは実用的&実践的なコミュニケーションにおけるモデルやテクニックとしてビジネス、教育、スポーツ業界等で活用されています。

NLPの構造

NLPは4つのレイヤーに分類することができます。

  1. NLPの前提
  2. NLPの基礎理論
  3. NLPモデル
  4. NLPアプリケーション

⑴ NLPの前提

前提とは「世界をどのように捉えるか?」という考え方のこと。NLPを活用する際の基本姿勢・ルールのことを言います。

⑵ NLPの基礎理論

NLPは様々な業界の先駆者たちの研究をもとに開発・発展してきています。

人物

  • グレゴリー・ベイトソン:サイバネティクス
  • ミルトン・エリクソン:催眠療法
  • バージニア・サティア:家族療法
  • フリッツ・パールズ:ゲシュタルト療法

学問

  • 言語学
  • 神経学

⑶ NLPモデル

1970年代〜1990年代に開発された初期の7モデルが〈伝統的なNLPモデル〉と呼ばれています。

  1. メタモデル
  2. メタプログラム
  3. TOTEストラテジー・モデル
  4. サブモダリティ
  5. 意味(信念・理解・概念など)
  6. SCOREモデル
  7. ニューロロジカル・レベル

この他にも研究は進み、新しいモデルが日々開発されています。

⑷ NLPアプリケーション

アプリケーションとは「活用」という意味で、NLPアプリケーションとは、これまでご紹介した前提、理論、モデルをもとに「実践で使うときに役立つものたち」のことです。

  • 査定・診断ツール
  • パターン認知のヒアリングやアンケート
  • 解決レシピ
  • 実現ノウハウ

が含まれます。アプリケーション数は2~300あるとも言われていて、目的(アウトカム)に合わせて組み合わせて活用することが可能です。

関連

ワーク

キーワード

関連記事