Word

メタプログラム | Meta Program

メタプログラムとは、私たちが無意識に持っている物事を認識&解釈する時に使われるフィルターこと。

自分が持つ認知のパターンや解釈のクセを知ることで、自分自身とよりうまく付き合っていくことが可能になります。また相手のパターンをつかむことで、相手に合わせたコミュニケーションの工夫が可能になり、よりよい人間関係やコミュニケーションが可能になります。

名称メタプログラム
意味自分の体験にかける〈フィルター〉についての総称
英語Meta Program
英訳Meta=より高い、それ以上の、Program=プログラム

〈メタプログラム〉とは?

私たちが経験を認知し解釈をするにあたり、人はそれぞれ特定のパターンの情報の〈省略〉〈歪曲〉〈一般化〉をおこなっています。それらを、人それぞれに現れる振る舞いから、より細かくパターン化したものがメタプログラムです。

〈メタプログラム〉の概要

〈コミュニケーションモデル〉とは

コミュニケーションモデル〉という「私たちが世界をどう認識しているのか?」を表したモデルがあります。私たちが思考する、記憶するなどの情報処理プロセスの中で、情報を省略・歪曲・一般化する働きがあります。

〈メタプログラム〉とは

このコミュニケーションモデルにおいて、私たちの体験は3回フィルタリングされ言葉としてアウトプットされます。メタプログラムは、2回目のフィルター(内的処理フィルター)時に働く5フィルターのうちの1つです。

〈メタプログラム〉の特徴

  • メタプログラムは、無意識に働きます。
  • メタプログラムは、私たちの認識フィルターの中でもっとも無意識に近く、意識することはできません。
  • メタプログラムは、個性を決定づける強力な要因です。
  • メタプログラムは、変わります。「どのフィルターを使うか?」「どちらの傾向が現れるか?」は成長・経験や状況により変わります。
  • メタプログラムの傾向に、優劣はありません。
  • メタプログラムは、どんな状況のときに、どのフィルターが働くのか?どのような傾向が強く出るのか?意識が向くのか?等、自己理解を深めるものです。

〈メタプログラム〉の目的・メリット

メタプログラムは、個々人の体験の情報処理の癖を知ることができます。

これを知ることで、行動様式や行動原理を理解することが可能になります。すると、達成したい内容によって、その行動様式や行動原理を、どのようにフィットさせるか、具体的に何を行うことが効果的か?を組み立てる精度を上げることが可能になります。

〈メタプログラム〉の成り立ち

1980年代メタプログラムは、アメリカの言語学者ノームチョムスキーの研究をベースに、NLP開発初期の共同開発者の1人レスリー・ルボーがセラピー治療の中で発展させたものです。

〈メタプログラム〉の発展

当初メタプログラムは約60種のパターンが開発され、後の開発者たちがさまざま分類、モデルとして発展させていきました。ある開発者は60パターンを25カテゴリに、他の開発者は51に、14に…などさまざまです。

シンプルで実践的なツールへという改良もあり、人事、採用、営業、コーチングなど多方面で使われる手法としても活用されています。

〈メタプログラム〉のカテゴリ

メタプログラムは最初の開発時には60種類ほどありましたが、後にさまざまな開発者によりシンプル化されています。ここではNLP開発者の一人ロジャー・ベイリーが分類した14パターンをご紹介します。(新たにLab Profile®️/ラブプロファイルという名称が付けられています。)

動機付けに関するもの

やる気が出るのは…

  1. 主体性
    率先して行動するとき?分析・検討してから行動するとき?
  2. 価値基準
    大切なものが満たされたとき=大切なものとは?
  3. 方向性
    目的を達成しようとするとき?問題回避しようとするとき?
  4. 判断基準
    外部からの影響?自分の内側から湧き上がる?
  5. 選択理由
    新しい選択肢があるとき?決められた手順があるとき?
  6. 変化・相違対応
    どのくらいの頻度で変化があるとき?(劇的に?徐々に?徐々に&劇的ミックス?変わらず?)
行動上の特徴に関するもの

パフォーマンスを発揮するための環境として…

  1. スコープ
    全体像を知りたい?詳細と一連の流れを知りたい?
  2. 関係性
    非言語に気付きにくい?非言語に反射的に反応しやすい?
  3. ストレス反応
    ストレス下で、感情的に反応しやすい?常に冷静?それともミックス?
  4. 連携
    最も能率的に働ける人間関係は、1人のとき?役割があるとき?チームのとき?
  5. システム
    意識が向くのは、人の気持ちや感情?タスク?
  6. ルール
    「自分がルール」?「他の人のルールは分からない」?「マイルール」とかない…?「みんなそれぞれルールあるでしょ」?
  7. 知覚チャンネル
    納得するために必要な情報は、視覚?聴覚?言語?体感覚?
  8. 納得モード
    納得するために必要な方法は、回数?直感?期間?毎回確認する必要あり?

関連

関連ワーク

関連キーワード

  • Lab Profile(ラブプロファイル)