用語

コーチング&コーチ | Coaching & Coach

コーチングとは、対話を通して気づきを促し、自発的な変容をサポートする手法のこと。コーチとはコーチング支援する人の呼称です。

名称コーチング
意味「その人の中に答えがある」という前提のもと能力、可能性、気づきを引き出すプロセスのこと
英語Coaching
馬車のように目的地まで快適に導くプロセス

コーチングとは?

コーチングとは成長や自己実現を支援するプロセスの1形態です。「その人の中に答えがある」という前提のもと、コーチングサポートを受ける側(クライアント)の能力、可能性、気づきやその人にとっての答えを質問を通して引き出すプロセスのこと。コーチは、コーチング支援する人の呼称です。

コーチングには以下のような内容が含まれます。

  • 質問
  • 対話
  • フィードバック
  • 助言

コーチングに関する用語には

  • コーチング:そのプロセス・関係性の呼称
  • コーチ:支援する側の呼称
  • クライアント:支援される側の呼称

コーチングスキル

  1. 傾聴
  2. 質問
  3. 承認

コーチの役割

傾聴と質問を基盤とするコーチングスキルを用いて、クライアントの能力開発や自己実現を支援します。

クライアントの役割

コーチングクライアントは、コーチのサポートを受け気づきやフィードバックを実践に移すことで、自己成長や目標の達成に向けて進歩することが期待されます。

コーチングの目的

コーチングの目的は、クライアント自身の自己理解を深め、自己実現に向けての変化と成長を促すことです。コーチングは、ビジネス、教育、医療、個人の自己実現などさまざまなコンテクストで活用されます。

変容の対象は目的により異なります。「環境変化」・行動変容・能力開発・信念の強化や価値観の明確化、セルフイメージの向上など目的によって変わります。

コーチングの特徴

目標志向性

コーチングは、クライアントが達成したい目標や望む結果に焦点を当てます。

対話と質問

コーチングは、クライアントが自己の考えや解決策を見つけるための内省を促し自己発見を支援します。

自己啓発

コーチングは、クライアントの自己意識と自己成長を促進します。クライアントは自身の価値観や信念、スキルを深め、自己の潜在能力を開花させるために取り組むことができます。

能動的な取り組み

コーチングは、クライアントの自主性を重視します。クライアントは自らの行動と結果に対して責任を持ち、コーチはそのプロセスをサポートします。

コーチングの語源

元々は中世のハンガリーに合った町コチ(Kocs)に由来していると言われています。15世紀にこの町で作られた〈馬に引かせる乗り物〉が、当時それまでにないような〈快適で粋な乗り物〉としてヨーロッパ全土に広まります。やがてこの乗り物が、作った町の名前で呼ばれるようになり「コチ」は短時間で旅をする洗練された高級な移動手段となります。

ここからコーチングは、人を出発点から目的地まで連れていく手段であると同時に短時間で、洗練された、旅の手段という意味で使われています。

関連

  • コーチング・コーチ
  • メンタリング・メンター
  • ティーチング・ティーチ
  • コンサルティング・コンサルタント
  • アウェイクニング・アウェイクナー
  • ガイディング・ガイド
  • トレーニング・トレーナー
  • マネージメント・マネージャー
  • スポンサリング・スポンサー
  • カウンセリング・カウンセラー
  • セラピー・セラピスト