Word

第3ポジション | Position3

第3ポジションとは、体験を眺める位置/方法知覚位置)のうちの1つ。
観察者の視点に立って体験を眺めること。メタポジションともいいます。

名称第3ポジション
第3位置
オブザーバー・ポジション
意味観察者としての視点
英語Position Three
Observer Position
Position Three=第3ポジション
Observer=観察者のこと

第3ポジションとは?

体験を眺める方法は4つあると考えられていて、それらの総称を知覚位置と言います。

第3ポジションは、この4つの視点のうちの1つで「観察者としての視点」から物事を見ることを言います。

第3ポジション概要

  • 第3ポジションとは「観察者」です。自分・相手以外の第三者の位置から、体験を眺める位置です。
  • まったく関係ない傍観者から「どう見えるか?」を考えます。
  • 体験を話すときは「彼ら」を主語に、状況を冷静に客観的に話します。
  • 自分の身体から離れて体験を眺めるため、自分自身も含めて見ることができます。(分離体験)
  • 分離体験として自分の身体に通じて体験していないため、感情や感覚は感じません
  • 第3ポジションが強すぎる時には、現実が無味乾燥のように感じられます。

第3ポジションが強い場合の特徴

  • 分析スキルに長けている。
  • 客観的意見がはっきりしている。
  • 共感性に乏しい。
  • 傍観者となる傾向。

第3ポジションが有効な場面

  • 自身をも取り巻く人間関係を客観的に観察する。
  • 自分自身を外側から見つめ、セルフコーチングを行い学びや能力を高める。
  • ある状況における自分の行動も、“他人の選択肢群”とともに見ることができる。
  • 過去のネガティブ(に捉えている)経験の、捉え方を変える。

関連キーワード