Word

タイムライン | Timeline

タイムラインとは、過去・現在・未来を1つのライン(時間軸)として捉えたもののこと。心の中で各々が持っている時間の捉え方記憶の保存方法のこと。

名称タイムライン
意味人の時間の捉え方、時間軸のこと
英語Timeline
時間軸

〈タイムライン〉の概要

私たちが世界共通で持っている「時間」という認識は、時計が示す「現在/いま」の時間です。しかし私たちは、その外的な世界が示す「時間」とは別に、頭の中で過去・現在・未来のことを考えることができます。この外的な時間と異なり、個々人が持つ内的な時間感覚、主観的に経験している時間のことを「タイムライン」と呼びます。

  • 私たちは自分なりの方法で〈過去〉と〈未来〉を区別できるようにしています。
  • ほぼすべての人が時間を線状に保存しています。
  • その保存方法は人によって違っています。
  • 自らの時間の保存方法を心得ることは、変化を促すのに役立ちます。
  • 時間/記憶の保存方法には、視覚方向(どの位置にその記憶を思い出すか?)が関係していると考えられています。
  • タイムラインを〈どこに〉〈どのように〉持っているかは人の考え方を左右すると考えられています。

〈タイムライン〉の特徴

  • 視覚を用います(イメージで捉えるため)
  • 眼の動きで、その人のタイムラインがわかります(左右?前後?など)
  • タイムラインは左側が過去、右側が未来のことが多い
  • 時間的に、現在より離れているものほど、場所的にも離れたところにあります

〈タイムライン〉の2種類

タイムラインには2種類があります。

  1. インタイム
  2. スルータイム

インタイム

目の前のことに没頭し、集中している状態のときの時間の捉え方のこと。主観的な体験として時間を過ごしているときのこと。(実体験/アソシエイト状態

人生を楽しむ・感情的豊かさを味わう・没頭する楽しみ

スルータイム

自分自身の行動や、全体の時間の流れを冷静に捉えているときの時間の捉え方のこと。客観的な体験として時間を過ごしているときのこと。(分離体験/ディソシエイト状態

計画的な過ごし方・悩みの軽減・実効的なライフデザインの創造

インタイムスルータイム
〈時間とは今存在するもの〉
*未来の概念が薄い
〈時間は直線状で連続的に連なるもの〉
*過去・現在・未来と順序よく並んでいる
東洋型西欧型
出来事は同時にたくさん起こるもの直線的で連続的に起きるもの
タイムラインは一部が見えるが一部は見えない
(自身の身体を通っているため)
タイムラインは目の前にあり見渡せる
実体験/アソシエイト状態で記憶する分離体験/ディソシエイト状態で記憶する
記憶を主観的に追体験するのがうまい記憶を客観的に眺めるのがうまい
いまに没頭することが上手で、集中力が高い集中・没頭が苦手で今に留まりにくい傾向がある
時間意識が弱く、締切や期限が苦手時間意識が強く、時間に正確
自然の成り行き、常にいまに生きている正確、予定通りに進めることが得意

関連

関連キーワード