Word

リード表象システム | Lead Representational System

リード表象システムとは、私たちが〈思い出す〉ときに使う感覚のこと。蓄積された情報にアクセスするために使う表象システム。

私たちの記憶には、その時に経験した光景や音、感情などが含まれています。そしてある出来事について思い出すときはたいてい、そのうちの1つをきっかけに思い起こします。それが絵や光景であればリード表象システムは〈視覚〉であり、音や言葉であれば〈聴覚〉がリード表象システムとなります。このように記憶にアクセスするために使う感覚(表象システム)のことをリード表象システムと言います。

名称リード表象システム
リードシステム
意味思い出す〉ときに使う感覚(視覚・聴覚・身体感覚のいずれか)のこと
英語Lead Representational System
Lead=導く
Represent=心に描く・想像する
System=システム・方法
Lead Representational System= (人が)心に描くのを導く方法(感覚)

Point!

  • 考えるとき〉に使う感覚プライマリー表象システム)と、〈思い出すとき〉に使う感覚(リード表象システム)は同じこともあれば、異なることもあります。
  • 蓄積された情報を意識に上らせるときに使われる感覚。

各表象システムと、思い出す時に使う情報

表象システム思い出すときに使う情報
視覚システム(V)見る(Vi)
・絵・イメージ
・映像
聴覚システム(A)聞く(Ai)
・音
・声/言葉
触運動覚システム(K)感じる(Ki)
・記憶された触覚
・バランス感覚・体感
・感情