Word

必要性の叙法助動詞 | Modal operators of Necessity

必要性の叙法助動詞とは、〈すべき/すべきではない〉〈しなければならない/してはならない〉という言葉が含まれる会話のこと。具体的には

  • 〈すべき/すべきではない〉
  • 〈しなければならない/してはならない〉
  • 〈必要だ/必要でない〉
  • 〈当然〜だ/〜でない〉

というような、必要性についての言葉を使うときのことをいいます。これらの言葉を使うとき、私たちは必要性に固執し、自らの選択肢狭めている可能性があります。そのためこれらの言葉が出てきたときには、注意が必要です。

必要性の叙法助動詞による情報一般化の弊害と、その回避&回復方法をご紹介します。

名称必要性の叙法助動詞
意味〈すべき/すべきでない〉〈しなければならない/してはならない〉といった必要性についての言葉のこと
英語Modal operators of Necessity
Modal Operators=叙法助動詞/英語でmust,shouldのこと
Necessity=必要性の

メタモデル〈必要性の叙法助動詞〉とは?

〈必要性の叙法助動詞〉の概要

コミュニケーションモデルとは

コミュニケーションモデル〉という「私たちが世界をどう認識しているのか?」を表したモデルがあります。私たちが思考する、記憶するなどの情報処理プロセスの中で、情報を省略・歪曲・一般化する働きがあります。

メタモデルとは

私たちの情報処理プロセスにおいて、省略・歪曲・一般化は必要不可欠です。しかしこれら3つの機能が効果的に働かない場合があります。すると、私たちは行き詰まり、選択肢を失い、自らの可能性を狭めてしまいます。

私たちの内的な情報処理プロセスの過程で、不必要&不適切に情報が失われてしまう場合(パターン)が12あります。そしてそれぞれにおいて、その情報を回復させるための効果的な質問があります。これら不必要&不適切に情報が失われてしまう12パターンと、それを回復させるための質問を体系化したものをメタモデルと言います。

〈必要性の叙法助動詞〉による一般化とは

私たちは会話の中で

  • 〈すべき/すべきではない〉
  • 〈しなければならない/してはならない〉
  • 〈必要だ/必要でない〉
  • 〈当然〜だ/〜でない〉

というような言葉を使うことがありますが、これらは「〜であるべきだ」などと物事を一般化させてしまう話し方です。

これらの言葉を使うとき「制限がある/ルールがある」という考えが前提にあるため、本来もっと選択肢があるかもしれないにも関わらず、その可能性を狭めてしまいます。何について必要性があるのか、ルールがあるのかが、これらの言葉を使うことで不明瞭であいまいになってしまうためにミスコミュニケーションが起こりやすくなります。

〈必要性の叙法助動詞〉による一般化の例

すべき

  • 人は大事にすべきだ。
  • 家族には愛情をかけるべきだ。
  • お世話になった人には感謝すべきだ。
  • 自分の心地いい選択をすべきだ。
  • 嫌なことは避けるべきだ。

すべきじゃない

  • 時間には遅れるべきじゃない。
  • 人に迷惑をかけるべきじゃない。

〈必要性の叙法助動詞〉による一般化の弊害

〈必要性の叙法助動詞〉による一般化のデメリット

一般化が不適切に行われると、下記のような特徴が現れます。

  • 一度一般化した内容については、限定的な枠に入れて考える
  • 例外を考慮しない
  • 思考においては柔軟性に欠けることが多い

一般化の弊害が起こるのは下記のようなときです。

  • ある特異な出来事を一般化してしまったとき
  • 一般化した後、例外にまったく意識を向けないとき

これらが起こると柔軟性を失い、選択肢・可能性が狭められます。下記〈調整方法〉を理解して、活用しましょう。

〈必要性の叙法助動詞〉による一般化により失われた情報

〈必要性の叙法助動詞〉は、私たちはルールがある(=すべきこと/すべきでないことが決まっている)ということが前提に使われますが、それが言葉として現れていません。

このルールは明示されませんし、話す本人も自覚していないことが多々あります。つまり「どのような必要性のルールがあるか」という情報が欠如された状態で、話を進めています。これにより、本来選べるはずだった選択肢や、活用できるはずの情報収集の可能性を、狭めてしまいます。〈必要性の叙法助動詞〉が聞こえたときには、欠如された情報を回復させることが重要です。

〈必要性の叙法助動詞〉による一般化を回復させる方法

  • 情報を収集する
  • 意味づけを明確にする
  • 制限を明らかにする
  • 選択肢を与える

これらを可能にするのは、自分自身、もしくは相手に〈適切な質問〉をすることです。

〈必要性の叙法助動詞〉による一般化を回復させる質問

  • それをすると、どうなりますか?
  • それをしないと、どうなりますか?
  • もし〜したらどうなりますか?

〈必要性の叙法助動詞〉による一般化を回復させる質問例

  • 人は大事にすべきだ。→大事にしないと、何が起こりますか?どうなると思っていますか?
  • 人に迷惑をかけるべきじゃない。→もし迷惑をかけてしまったら、どうなると考えていますか?

関連キーワード