Word

25.すべて同じフレーム | All Same Frame

すべて同じフレームは、同じ部分・変わっていないことに焦点を当てるフレーム(枠組み)です。

名称すべて同じフレーム
意味同じ部分・変わっていないことに焦点を当てる枠組み
英語Same Frame
Same=同じ、同一、類似した
Frame=枠組み

〈フレーム〉とは

そもそも〈フレーム〉とは、出来事や体験を認識するために私たちが心理的に設ける「枠組み」のことです。「どのフレームから物事を見るか?」によって体験の意味合いは変わります。さまざまなフレームがあることを知り、多数のフレームを使いこなせるようになることで、捉え方の選択肢を増やし視点の柔軟性を高めます。多角的に物事を見るメンタルスキルの1つです。

〈すべて同じフレーム〉は、多数あるフレームのうちの1つです。
最下部に〈主要フレームリスト〉も記載していますので併せてご活用ください。

〈すべて同じフレーム〉とは

同じ部分・変わっていないことに焦点を当てるフレーム(枠組み)です。

本来私たちは「同じであり続ける」ことはありません。時間の経過とともに必ず何かの「違い」が生じています。例えば人と同じ考え方、価値観を持つ「部分」はあっても、すべてがまったく同じ人という存在はいません。

同じこと(すべて同じフレーム)と、違うこと(対照フレーム)の両方を適切に使えることが大切です。

目的安心感(親近感)を持つため
焦点同じ、似ている、同一部分に焦点を当てる
判断基準どれだけ同じか?

〈すべて同じフレーム〉の反対

対照フレーム
違いを捉えるためのフレーム

関連

主要フレームリスト

関連キーワード