Word

ニューロロジカルレベル | Neurological Level

ニューロロジカルモデルとは、〈ロジカルレベル〉と〈神経学〉とを融合させたモデルのこと。

名称ニューロロジカルレベル
意味〈ロジカルレベル〉と〈神経学〉とを融合させたモデル
英語Neurological Level
Neurological=神経学的な
Level=階層・レベル

〈ニューロロジカルレベル〉の概要

〈ニューロロジカルレベル〉とロジカルモデル

ロジカルレベルとは、私たちの脳・言語・知覚システムが持つ〈自然な階層構造〉のことで、下記5つの階層/レベルからなるモデルです。

〈ニューロロジカルレベル〉とは

ロジカルレベルの各レベルは、神経学的な回路に深い関わりを持っています。ロジカルレベルと、神経回路を融合させたものをニューロロジカルレベルと言います。

〈ロジカルレベル〉×〈神経学〉の体系的なモデルです。

ロジカルレベル概要関連することニューロロジカルレベル
=深く関係する神経回路
1環境自分の環境
外的な状況
反応・周辺視野の神経システム
・知覚&反射的な反応
2行動(振舞い)自分の行動
具体的な振舞い
実行・実践・運動システム
・意識的な行動
3能力自分の能力/状態/戦略方向性・大脳皮質性システム
・半無意識状態の反応
(目の動きや姿勢)
4信念・価値観自分の信念体系
信念・価値基準
許可
動機
・自律神経システム
・無意識の反応
(心拍数・瞳孔など)
5アイデンティティ自分の同一性
自分であるという確信
使命
ミッション
・免疫&内分泌システム
・生命維持
アイデンティティの超越ミッションを超えて・ホログラフィック
・全体としての神経システム
  • Robert Brain Dilts (2018),『Changing Belief Systems With NLP』参照
  • 〈ニューロロジカルレベル〉の前提

    • 人間の学習と変化のレベルには、階層がある
    • それぞれのレベルには、異なる仕組みと働きがある
    • 上位レベルは必ず下位レベルに影響し、何らかの変化を起こす
    • 下位レベルの変化は、必ずしも上位レベルに影響を及ぼすわけではない

    〈ニューロロジカルレベル〉の成り立ち

    アメリカの著名な人類学者グレゴリーベイトソンは「学び、変容、コミュニケーションの処理システムには自然な階層構造がある」としそれを学習理論としてまとめました。この概念を元に、NLP開発者ロバート・ディルツがまとめたものが〈ニューロロジカルレベル〉です。

    関連

    関連キーワード