Word

加速学習 | Accelerated Learning

加速学習とは、「まず身につけてから、どうやっているかを分析する」ことで学ぶ、学習モデルの1つ。

一般的には学習とは、1つずつ学びを進め最終的に全体を統合するように進められます。加速学習は、このプロセスと正反対で最初に全体を身につけ、その後にどのように行なっているかを分析する学習方法です。赤ちゃんが母国語を覚えるときなどは、この方法で学んでいます。

名称加速学習
意味全体を身につけ、その後にどのように行なっているかを分析する学習方法
英語Accelerated Learning
Accelerated=加速
Learning=学習

学習の概要

学習とは

学習とは〈知らない状態〉から〈知っていて使える状態〉に移行するプロセスです。私たちはさまざまな方法で学びますが、その学習方法は大きく2つに分けることができます。

  1. 一般的な段階式学習法(学習の5ステップ)
  2. 自然で統合的な学習法(加速学習)

一般的な段階式の学習法

一般的なステップ・バイ・ステップで進めていく学習法。1つずつ学び、最後に全体が統合されるように学んでいきます。(学習の5ステップと言われます。)

〈学習の5ステップ〉

  1. 知らない
  2. 知る
  3. 実践&練習する
  4. 習得する

学習の階段を1段ずつ登っていきます。

〈学習の5ステップ〉習得時間

「あるスキルに熟達するには1万時間の練習が必要である」とする“1万時間の法則”(『天才!成功する人々の法則』マルコム・グラッドウェル)や、「ある能力が卓越性に届くまでには2.5万時間かかる」など諸説あります。

シンプルな段階的学習のみの場合、その能力・技能の習得にはかなりの時間が必要となると言われています。

自然で統合的な学習法

子どもが言語や行動を学んでいくように、最初に身につけてしまうことから始める学習法。子どもは何かに夢中になったり、好きなことをし、周りの大人と楽しく遊びながら、自然とさまざまなことを身につけていきます。その自然な学習環境を再現することで、学習効果を高めます。この学び方のことを加速学習と言います。

〈加速学習〉

  1. 知らない
  2. 習得
  3. どのようにやっているかを理解する

「①知らない」状態から一気に「④できる状態」にシフトし、できるようになってから「③どのようにやっているのか」を理解します。

〈加速学習〉の種類

この自然で、統合的な学び方にはさまざまな方法やテクニックがありますが、それらの総称として加速学習と呼ばれています。

*その他にも統合学習、最適学習、サジェストペディア、ホリスティック学習などといったバリエーションでも知られています。

加速学習の概要

加速学習とは

学習におけるスピードアップ、理解度のアップ、思考力アップを含めた総合的学習力を高める学習方法の総称です。

加速学習の歴史

1950年代から加速学習の研究は始まっていましたが1978年ブルガリアのゲオルギー・ロザノフ(医学博士・教育学者)の学習効果を高める秘訣は、幼児の自然な学習環境を再現することにあるという考えから始まり「サジェストぺディア」という暗示による学習効果を提唱しました。(”Suggestology and Outlines of Suggestopedy (1978)” )

加速学習の前提

  • 直観から始まり、全体を習得する。その後に分析する。
  • まず覚えて、それからどうやっているか?に分解して理解する
  • 誰も失敗することはない
  • 誰でも、信じられないほど早く物事を身につけることができる
  • 努力して学ぶ人はいない
  • 直観から始める

加速学習の例

  • 子どもが覚える母国語
  • 私たちが成長過程で身につけてきた信念・価値観

加速学習に効果的なテクニック

  • モデリング
  • マインドマッピング
  • アンカリング
  • 身体を使った学習(アクティビティ)
  • ビジョン設定
  • チェインプロセス
  • NLP

関連

関連キーワード