Word

トートモデル | TOTE Model

TOTEモデルとは、「効果的に目標達成するためにはどうしたら良いか」についての学習モデル

名称トートモデル
意味効果的にアウトカムを達成するための学習モデル
英語TOTE Model
TOTE=T/test,O/operate,T/test,E/exitの略
Model=モデル、型

TOTEモデルとは?

TOTEモデルは、目標達成のための学習モデルです。効果的なパフォーマンスを発揮するためにはまず目標(アウトカム)を設定すること。その後に

  • T:目標との違いをテストして(Test)
  • O:操作(Operate)と
  • T:テスト(Test)を繰り返し
  • E:循環しながらそこに到達し終了する(Exit)

というプロセスを経ることをシンプルに言い表したモデルです。

TOTEモデルの歴史

1960年にアメリカの3人の心理学者(カール・プリブラム/神経科学者,ジョージ・ミラー/心理学者,ユージン・ギャランター/社会心理学者))の著書「計画と行動の構造/Plans and the Structure of Behavior)」にて紹介されました。

TOTEモデルの活用方法

TOTEモデルを活用するプロセスは5つです。それぞれのプロセスにおいて、詳しい手順やポイントがあります。

  1. アウトカムを設定する
  2. 【T:テスト】現在とアウトカムの違いを知る(→対照分析)
  3. 【O:行動】違いを減らすために行動する(→新しい行動を生み出すへ)
  4. 【T:テスト】行動が効果的が観察&評価する(→フィードバックループへ)
  5. 【E:終了】アウトカムに達したら終了する(→終了の合図ワークへ)

関連

関連キーワード

関連ワーク

  • ストラテジーの導出
  • ストラテジーをデザインする
  • ストラテジーをインストールする
  • ストラテジーを会話に使う
  • ストラテジー各種
    • 決断のストラテジー
    • モチベーションのストラテジー
    • 現実のストラテジー
    • 学習のストラテジー
    • 記憶のストラテジー
    • スペル・ストラテジー
    • 確信ストラテジー
  • ディズニーストラテジー
  • マッピング・アクロス