Word

トートモデル | TOTE Model

TOTEモデルとは、効果的にアウトカムを達成する方法をまとめたモデルです。
「人が学ぶ時の要点」をまとめた学習モデルとも言えます。

TOTEモデルは、目標達成するためのモデルです。効果的なパフォーマンスを発揮するために目標(アウトカム)を設定し

  • T:目標との違いをテストして(Test)
  • O:操作(Operate)と
  • T:テスト(Test)を繰り返し
  • E:循環しながらそこに到達し終了する(Exit)

というプロセスをシンプルに言い表したモデルです。

名称トートモデル
意味効果的にアウトカムを達成するための学習モデル
英語TOTE Model
TOTE=T/test,O/operate,T/test,E/exitの略
Model=モデル、型

TOTEモデルの概要

TOTEモデルの歴史

1960年にアメリカの3人の心理学者(カール・プリブラム/神経科学者,ジョージ・ミラー/心理学者,ユージン・ギャランター/社会心理学者))の著書「計画と行動の構造/Plans and the Structure of Behavior)」にて紹介されました。

TOTEモデルの前提

  • 失敗は有用である。なぜなら「好ましくない」ことがわかり、目標に近づくためのフィードバックとして役立つため
  • 学習とは、あらゆるレベルにおいて差異の比較(現状と望ましい状態)によって導かれる過程のこと
  • 大きなTOTEモデルの中には、小さなTOTEモデルが存在する。大きな目標を達成するためには小さな目標達成を積み重ねていく

TOTEモデルとは

【1】T:テスト

テスト(Test)とは、何かを検証することです。

最初のテストは〈現在の状態〉と〈望ましい状態〉の検証です。つまりはその違いを認識することです。目的地に到達することは、現在地とのギャップをなくすことを意味します。このギャップ/差異を客観的に把握出来なければどのようにそのギャップを埋めていくかの選択肢を挙げることができません。

【2】O:行動

行動(Operate)とは、現在地と目的地のギャップを埋めるためにとる行動のことです。

行動しなければ違う場所に到達することはできません。私たちの「ギャップをなくしたい」という思いからアクションが生まれます。行動・行動の選択肢が多ければ多いほど、アウトカムを達成しやすくなります。

【3】T:テスト

この段階のテスト(Test)は、〈O :行動〉がギャップを埋めているかどうかを検証します。行動することで、何かしらの変化が起こります。

  • ギャップが広がっている
  • 変化がない
  • ギャップが減っている

いずれの結果もすべて、目的地に向かうためのフィードバックや経験というデータになります。これらのフィードバックは、ギャップを埋めるために次に何をすべきかに関する情報を与えてくれます。それが次の選択肢や代替え案です。状況は常に変化します。そのため〈O :行動〉⇄〈T:テスト〉を繰り返し、現在地と目的地のギャップを都度適切に捉える必要があります。その上で、柔軟に現在の状態を軌道修正しながら目的地に向かいます。いくら行動しても、それを検証しなければその行動が効果的かどうかわかることがありません。

目標達成が出来ていない場合、行動を変更する、ストラテジーを変更するなどの目標に近づくような操作(Operate)を重ねていく必要があります。

【4】E:終了

終了(Exit)とは、目標達成プロセスの終わりを意味します。

〈O :行動/操作〉と〈T:テスト〉を繰り返し、ギャップが埋まった!目的地まで到達した!と検証結果が出た時点でプロセス終了です。終了の基準は、最初のアウトカム設定の際に決めます。「最終的にどのような状態になったら終了といえる」という基準を、あらかじめ決めておくことが重要です。その基準がアウトカム達成を知らせてくれることで、私たちは一連のプロセスを終えます。

TOTEモデルの種類

TOTEモデルは、行動からフィードバックを得て学習の輪を進めていくフィードバック・ループです。その輪をどこにかけるか?(=どこに焦点を当ててループを回すか?)により、2つのループに分けることができます。

  1. シングルループ=シンプルな変化を引き起こす学習の輪。行動・能力に焦点を当てる。
  2. ダブルループ=ジェネラティブな変化を引き起こす学習の輪。シングルループ(行動・能力)だけでなく+α信念・価値観に焦点を当てる。

TOTEモデルの手順

TOTEモデルを活用するプロセスは5つです。それぞれのプロセスにおいて、詳しい手順やポイントがあります。(*各ステップのワークを、追記していきます。)

  1. 目的・目標を決める(→アウトカム設定へ)
  2. 【T:テスト】現在とアウトカムの違いを知る(→対照分析へ)
  3. 【O:行動】違いを減らすために行動する(→新しい行動を生み出すへ)
  4. 【T:テスト】行動が効果的が観察&評価する(→フィードバックループへ)
  5. 【E:終了】アウトカムに達したら終了する(→終了の合図ワークへ)

関連

関連キーワード

関連ワーク

  • ストラテジーの導出
  • ストラテジーをデザインする
  • ストラテジーをインストールする
  • ストラテジーを会話に使う
  • 決断のストラテジー
  • モチベーションのストラテジー
  • 現実のストラテジー
  • 学習のストラテジー
  • 記憶のストラテジー
  • スペル・ストラテジー
  • 確信ストラテジー
  • ディズニーストラテジー
  • マッピング・アクロス