Word

02.エコロジーフレーム | Ecology Frame

エコロジー・フレームとは、長期的・広範囲で出来事を捉えるためのフレーム(枠組み)です。

変化や目標が広い範囲・長期的な視点でうまく適合しているか?目指す方向と現在の自分自身の調和をチェックするために効果的なフレームです。

名称エコロジー・フレーム
意味長期的・広範囲に及ぶ枠組みで出来事を捉えること
英語Ecology Frame
Ecology=自然や環境と調和する
Frame=枠組み

〈フレーム〉とは

そもそも〈フレーム〉とは、出来事や体験を認識するために私たちが心理的に設ける「枠組み」のことです。「どのフレームから物事を見るか?」によって体験の意味合いは変わります。さまざまなフレームがあることを知り、多数のフレームを使いこなせるようになることで、捉え方の選択肢を増やし視点の柔軟性を高めます。多角的に物事を見るメンタルスキルの1つです。

〈エコロジー・フレーム〉は、多数あるフレームのうちの1つです。
下部に〈主要フレームリスト〉も記載していますので併せてご活用ください。

〈エコロジー・フレーム〉の概要

エコロジー・フレームとは、長期的・広範囲で出来事を捉えるためのフレーム(枠組み)です。変化や目標が広い範囲・長期的な視点でうまく適合しているか?目指す方向と現在の自分自身の調和をチェックするために効果的なフレームです。

目的調和の取れた選択・行動
焦点より長期的・広範囲
判断基準長期的・広範囲的な調和が取れているかどうか?

〈エコロジー・フレーム〉の前提

  • 私たち1人1人は、コミュニティ、国家、地域、宇宙…という全体的なシステムの一部であるという考え方を前提とします。
  • すべての物事は、影響を与え合っています。
  • システムのすべての要素が同様に重要なのではなく、ある要素が変化することで全体に大きな影響を及ぼすこともあれば、あまり影響を及ぼさない場合もあります。
  • そのため、目標や目的はそれらが実現したときの影響を、より長期的・広域的なエコロジカルレベルで考える必要があります。
  • 一時的なだけでなく、長期的な豊かさ・メリットを考慮する。(時間)
  • 信念&価値観に沿って判断・行動をし、環境を整え自身の一貫性を持つ。(自己)
  • 自分だけでなく周囲・コミュニティも豊かになり「本当にいい」ことを選択しているかチェックする。(関係性)
  • 人生のある一面の成功だけでなく、他の側面との調和を持つことができる。(ex.仕事の成功と同時に、健康的な生活を送る。)

〈エコロジー・フレーム〉の例

⑴より〈長期的〉に見る

ex.今日の失敗→人生ネタの1つ

⑵より〈広範囲〉で見る

ex.半径1mを意識する?2万kmまで意識する?

⑶より〈広い関係性〉で見る

ex.職場の一員→地域コミュニティの一員

⑷より〈深い一貫性〉で見る

ex.自分自身の行動と信念は調和している?
Tips!!

「⑷ より〈深い一貫性〉で見る」とは、自分の内面の調和を意味します。詳しくはこちらもご参考に!

〈エコロジー・フレーム〉質問例

  • これは長期的に見てどうだろう?(時間)
  • この行動は、私のまわりにどんな影響を及ぼすだろう?(空間・距離)
  • この実現によって、私のまわりはどう変化するだろう?(関係性)

〈エコロジー・フレーム〉の反対

自己中心フレーム
「今、この場で、自分自身にとって、いいか/悪いか」にだけ焦点を当てて出来事を捉える。

関連

主要フレームリスト

関連キーワード

関連ワーク

  • 一語リフレーミング
  • 価値の架け橋