Word

第1ポジション | Position1

第1ポジションとは、体験を眺める位置/方法知覚位置)のうちの1つ。
自分自身/当事者の視点に立って体験を眺めること。

名称・第1ポジション
・第1位置
・セルフ・ポジション
意味自分自身の視点
英語Position One
Self Position
Position One=第1ポジション
Self =自分自身のこと

第1ポジションとは?

体験を眺める方法は4つあると考えられていて、それらの総称を知覚位置と言います。

第1ポジションは、この4つの視点のうちの1つで「自分自身の視点」から物事を見ることを言います。

第1ポジション概要

  • 第1のポジションとは「自分」です。自分自身の視点で、当事者として見る位置です。
  • 他の誰の立場などを一切考慮せず「自分の視点のみ」から体験を見ます。
  • 「私からどう見えるか?」「私にどう影響するか?」だけを考えます。
  • 体験を話すときは「私」を主語に、自身の感情・認識・アイディア・考えを話します。
  • 自分の価値観・目的・信念・興味のあるもの・執着しているもの当たります。
  • 自分の身体の中から、自身の目を通して体験を眺めるため自分自身は見えません。(実体験)
  • 実体験として自分の身体に通じて体験しているため、感覚、感情をより強く感じます。

第1ポジションが強い場合の特徴

  • 個性が強い。
  • 自己中心的独りよがりになる。
  • 自分以外の人・ことに興味を持ちにくくなる。
  • 意見価値観がはっきりしている。⇄思い込みが強くなる。

第1ポジションが有効な場面

  • 自身の本当の価値観や目的を知るのに役立ちます。

関連キーワード