Word

行動 | External Behavior

行動とは、外から観察できる行動や振る舞いのこと。

名称行動
意味外から観察できる行動や振る舞い
英語External Behavior
External=外的な
Behavior=振る舞い・行動・態度

行動とは?

私たちは常に何らかのアクションを起こしています。それは自らの意志で行動することもあれば、何かに反応する形で自然と現れるものもあります。

行動とは外から「観察する」ことができる行動や振る舞いのこと(観察では分からないものは思考に分類。)

行動の例

  • 具体的なアクション/行動
  • 非言語の行動(振る舞い・ボディランゲージ)
  • 言語(話す、使う、書く言葉)
  • 日常的な行動(生活習慣、ルーティンの手順)
  • 仕事に関する行動(仕事の手順、仕事習慣、仕事に関連する活動)
  • 人間関係に関する行動(初対面の時の会話パターン、人間関係に関する活動)
  • 趣味や楽しみに関する行動(準備の手順、活動習慣)

行動のパターン

行動は2つに分類することが可能です。

  1. アクション(自ら選択し、行う行動)
  2. リアクション(環境からの刺激による反応)

行動の種類

行動は2つに分類することが可能です。ここでは具体的なアクションだけでなく、言語的な行動、非言語的なボディ・ランゲージも含みます。

行動

目に見えるアクション・行動のすべては、誰もが「行動している」と観察することができます。

言語的な行動

言語に関わるアクションは、観察する行動そのもの以上にさまざまな影響を及ぼします。話す、書く、読むなどの言語に関わるアクションも行動の1つです。

非言語的な行動

意識的/無意識的に関わらず、人の表情、立ち居振る舞い、ボディ・ランゲージも、行動の1パターン(リアクション)として観察することができます。これも大切な観察できる行動の1つです。

行動を変化させる方法

望ましい状態の実現のためには、行動が必要不可欠です。行動は私たちの人生を左右する大切な要素です。行動することで何かしらの結果が生まれ変化が起こります。行動をしなければなにも生まれず、なにも起きないというシンプルなものです。

行動変化の7ステップ
  1. 特定の行動に焦点を絞る=「なにをするか?」
  2. 行動目標の設定
  3. 行動する
  4. 注意深く観察し、フィードバックを得る
  5. 改善
  6. 行動⇄観察⇄改善の反復
  7. パフォーマンスの変化を自覚する(違いに気づく)

関連

関連キーワード